包茎は自分で治せる?自力で包茎を治す方法とは

自力でコンプレックスを解消

包茎は自力でも治せることがありますが、方法としては少しずつ剥けるクセをつけてあげることです。包皮の締め付けがきつく、剥けにくくなっている状態が包茎ですが、手動でそれを手助けすることで症状が良くなることがあります。
実践する時には少しずつ優しく剥いてあげるようにしましょう。間違っても痛みを我慢しながら強引に剥くようなことをしていはいけません。最悪の場合は亀頭が締め付けられた状態になり、それによって壊死を起してしまうリスクがあるのです。
剥くクセを付ける時は、湯舟に浸かりながら行うのが良いでしょう。包皮がふやけている状態の方が剥きやすくなりますので負担も小さいはずです。また、包皮の中も洗うことができて一石二鳥です。

どんな包茎でも治せるわけではない

自力で包茎を治せる可能性もあると言えるものの、ただどんな状態でも治せるわけではないことを理解しておきましょう。特に真性包茎は自力での改善は難しいです。完全に剥けない状態になっていますので、自力でどうにかできるレベルではありません。
何とか治せる可能性がある状態としては、軽微のカントン包茎並びに仮性包茎です。これらのタイプの場合ですと、手で剥いてあげることで亀頭を露出させることが可能ですので、繰り返しクセを付けることで症状を良くできる場合があります。
特に仮性包茎は治しやすいと言えるでしょう。そもそも仮性包茎の場合はそのままでもそれほど不便がないことも多い症状ですから改善も容易です。
一方のカントン包茎は、程度により難易度が変わります。自力では難しいことがあるため、厳しそうに感じた場合は大人しく病院へ行った方が良いでしょう。

真性包茎は、男性の性器の亀頭部分が完全に皮で覆われている状態です。勃起時にも皮に覆われており、衛生面に配慮が必要です。